きーたんの鍼灸学生日記

2016年に営業の仕事を辞めて、鍼灸専門学校に通いつつ、2017年秋に整体師として独立しました。

第25回はり師きゅう師(鍼灸)国家試験過去問一覧

      2018/03/03

国家試験に向けて過去問に触れておくのは必須かな、と思って独自に調べて行こうと思っております。
このページでは問題文だけですが、1問毎に初心者でも分かるような解説をまとめていこうと思います。
問題下に「解説へ」というボタンが追加されていたら解説ができていますので、参考にしていただけたら幸いです。

目次

  1. 医療概論(1〜3)
  2. 衛生学(4〜11)
  3. 関係法規(12〜15)
  4. 解剖学(16〜26)
  5. 生理学(27〜37)
  6. 病理学(38〜44)
  7. 臨床医学総論(45〜57)
  8. 臨床医学各論(58〜80)
  9. リハビリテーション医学(81〜88)
  10. 東洋医学概論(89〜101)
  11. 経絡経穴概論(102〜116)
  12. 東洋医学臨床論(117〜140)
  13. はり理論(141〜150)
  14. きゅう理論(151〜160)

1.医療概論

問題1

急性期病院からの退院支援において、患者および家族と相談する際に同席すべき院内の職種として最もふさわしいのはどれか。

問題2

医療保険について正しいのはどれか。

問題3

公費医療の対象とならないのはどれか。

2.公衆衛生学

問題4

我が国の平成26年の業務上疾病で最も多いのはどれか。

問題5

精神障害について正しいのはどれか。

問題6

遺伝する疾患はどれか

問題7

特定健康診査での必須の項目はどれか

問題8

地球上から根絶された感染症はどれか

問題9

予防接種に生ワクチンを使用するのはどれか

問題10

我が国の人口統計について正しいのはどれか

問題11

WHOの主な活動はどれか

 

3.関係法規

問題12

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で、休止していた施術所を再開するのに必要な届けの期限はどれか

問題13

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師に関する法律で、施術者が免許の取り消し処分を受けたときに5日以内にしなければならないのはどれか?

問題14

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師に関する法律で、はり師が必要な消毒をしなかったときの罰則はどれか

問題15

受動喫煙の防止を規定しているのはどれか

 

4.解剖学

問題16

膜輸送について正しいのはどれか

問題17

問題18

問題19

問題20

問題21

問題22

問題23

問題24

問題25

問題26

5.生理学

6.病理学

7.臨床医学総論

8.臨床医学各論

問題58

生後3か月の発育性股関節形成不全の患児でみられるのはどれか。

  1.  アリス徴候
  2.  トレンデレンブルグ徴候
  3.  ドレーマン徴候
  4.  フローマン徴候

 

問題59

骨粗鬆症患者に好発する骨折はどれか

  1.  鎖骨骨幹部骨折
  2.  橈骨近位部骨折
  3.  大腿骨近位部骨折
  4.  脛骨遠位部骨折

問題60

乳がんについて正しいのはどれか

  1.  腫瘤は痛みを伴う。
  2.  多くはホルモン依存性ではない。
  3.  自己検診は推奨されていない。
  4.  乳房の外上部の発生が多い。

問題61

肺癌患者にみられる所見と浸潤部位の組合せで正しいのはどれか

  1.  嗄声―――――交感神経
  2.  顔面浮腫―――上大静脈
  3.  縮瞳―――――反回神経
  4.  腰痛―――――横隔神経

問題62

歯周病の増悪因子でないのはどれか

  1.  喫煙
  2.  舌炎
  3.  妊娠
  4.  糖尿病

問題63

汎血球減少症をきたすのはどれか

  1.  腎性貧血
  2.  溶血性貧血
  3.  鉄欠乏性貧血
  4.  再生不良性貧血

問題64

成人の気管支喘息について正しいのはどれか

  1.  患者数は減少傾向にある。
  2.  症状は昼間に起こりやすい。
  3.  治療は吸入ステロイド薬が中心である。
  4.  治癒率は50%である。

問題65

肺抗酸菌症について正しいのはどれか

  1.  結核患者は届け出る必要はない。
  2.  咳が4週間以上持続している場合は肺結核を考慮する。
  3.  抗結核薬は1財を投与する。
  4.  非結核性抗酸菌症も結核と同様に隔離する必要がある。

問題66

心不全について正しいのはどれか

  1.  左心不全では下肢の浮腫は顕著である。
  2.  左心不全では臥位で症状が軽快する。
  3.  心拍出量が低下する。
  4.  血中ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)値が低下する。

問題67

Ⅱ型糖尿病について正しいのはどれか

  1.  若年者に多い。
  2.  肥満者に多い。
  3.  インスリン療法が必須である。
  4.  1型糖尿病より罹患者数が少ない。

問題68

ビタミンB12欠乏による疾患はどれか

  1.  骨軟化症
  2.  ウェルニッケ脳症
  3.  巨赤芽球性貧血
  4.  脂漏性皮膚炎

問題69

痔瘻を合併しやすいのはどれか

  1.  過敏性腸症候群
  2.  急性細菌性腸炎
  3.  潰瘍性大腸炎
  4.  クローン病

問題70

全身性エリテマトーデスについて誤っているのはどれか

  1.  女性に多い。
  2.  白血球が増加する。
  3.  抗核抗体が陽性である。
  4.  蝶形紅斑を認める。

問題71

内分泌疾患と検査値の組合せで正しいのはどれか

  1.  褐色細胞腫―――――――――血中カテコールアミン低値
  2.  アジソン病―――――――――血中ACTH低値
  3.  原発性アルドステロン症―――血漿レニン活性低値
  4.  原発性甲状腺機能低下症―――血中TSH低値

問題72

慢性腎不全の検査所見で誤っているのはどれか

  1.  糸球体ろ過値(GFR)の上昇
  2.  血清クレアチニン値の上昇
  3.  高カリウム血症
  4.  正球性正色素性貧血

問題73

社会的リハビリテーションに含まれる内容はどれか

  1.  廃用症候群の予防
  2.  療育
  3.  公共施設のバリアフリー
  4.  保護雇用

問題74

リハビリテーションチームを構成するメンバーで義肢装具の処方を行う職種はどれか

  1.  医師
  2.  看護師
  3.  理学療法士
  4.  義肢装具士

問題75

7歳時の女児。主訴は歩行異常。トレンデレンブルグ徴候がみられた。罹患関節の種類はどれか

  1.  鞍関節
  2.  ラセン関節
  3.  臼状関節
  4.  楕円関節

問題76

7歳時の女児。主訴は歩行異常。トレンデレンブルグ徴候がみられた。本症例で筋力低下をきたした筋の主な運動はどれか

  1.  罹患関節の伸展
  2.  罹患関節を屈曲しながらの外転
  3.  罹患関節の内旋
  4.  罹患関節の外転

問題77

「78歳の男性。手がふるえ、動作が緩慢で、表情がなく、前かがみになりやすく、筋肉が強張る。」この症例でみられる症状と所見の組合せで正しいのはどれか

  1.  手がふるえる―――企図振戦
  2.  表情がない――――満月様顔貌
  3.  前かがみになる――起坐位
  4.  筋肉がこわばる――固縮

問題78

「78歳の男性。手がふるえ、動作が緩慢で、表情がなく、前かがみになりやすく、筋肉が強張る。」本症例の原因で適切なのはどれか。

  1.  錐体路障害
  2.  炎症性脱髄
  3.  ドパミン欠乏
  4.  アセチルコリン受容体障害

問題79

「45歳の男性。最近、心窩部から背中の皮膚にかけて痛みが起きる。胸焼け、食欲不振もある。上部消化管内視鏡検査では、胃角部に腫瘍を認め、ヘリコバクター・ピロリの感染を疑った。」本症例の背中の皮膚の痛みで最も適切なのはどれか

  1.  空腹時に起こる。
  2.  関連痛である。
  3.  体性痛である。
  4.  内臓痛である。

問題80

「45歳の男性。最近、心窩部から背中の皮膚にかけて痛みが起きる。胸焼け、食欲不振もある。上部消化管内視鏡検査では、胃角部に腫瘍を認め、ヘリコバクター・ピロリの感染を疑った。」ヘリコバクター・ピロリの検査はどれか

  1.  尿素呼気検査
  2.  胃液測定
  3.  尿沈渣検査
  4.  血清ペプシノーゲン測定

9.リハビリテーション医学

10.東洋医学概論

11.経絡経穴概論

12.東洋医学臨床論

13.はり理論

14.きゅう理論