きーたんの治療家日記

2016年に営業の仕事を辞めて、鍼灸専門学校に通いつつ、2017年秋に整体師として独立しました。

「 臨床医学各論 」 一覧

no image

全身性エリテマトーデスについて正しいのはどれか

血清 γ ーグロブリン値は低下する。 末梢白血球数は減少する。 補体価は高値とな ...

no image

全身性硬化症(強皮症)でみられるのはどれか。

 出血傾向  ブドウ膜炎  肺線維症  リンパ節腫脹     ...

no image

急性心筋梗塞の検査項目で最も有用性が高いのはどれか

 赤血球数  コリンエステラーゼ  トロポニンT  ALP   &nb ...

no image

狭心症について正しいのはどれか

 心電図ではP波の変化が特徴である。  発作時にはニトログリセリンが有効である。 ...

no image

僧帽弁狭窄症について正しいのはどれか

 先天性が多い。  心拍出量は増加する。  左房圧は低下する。  心房細動の合併 ...

no image

心房細動について正しいのはどれか

 若年者で罹患率が高い。  僧帽弁狭窄症は原因となる.  くも膜下出血の発症リス ...

no image

全身性エリテマトーデスについて正しいのはどれか

 関節変形がみられる。  高齢女性に発症頻度が高い。  血清補体価上昇を認める。 ...

no image

全身性エリテマトーデスについて誤っているのはどれか

 女性に多い。  白血球が増加する。  抗核抗体が陽性である。  蝶形紅斑を認め ...

no image

ビタミンB12欠乏による疾患はどれか

 骨軟化症  ウェルニッケ脳症  巨赤芽球性貧血  脂漏性皮膚炎   ...

no image

心不全について正しいのはどれか

 左心不全では下肢の浮腫は顕著である。  左心不全では臥位で症状が軽快する。   ...