きーたんの鍼灸学生日記

2016年に営業の仕事を辞めて、鍼灸専門学校に通いつつ、2017年秋に整体師として独立しました。

血液中のCO2(二酸化炭素)について正しい記述はどれか

   

選択肢

  1. 動脈血中にCO2は44〜55ml/dl溶解している
  2. 主に遊離CO2として物理的溶解により運ばれる
  3. 赤血球内の炭酸脱水素酵素により素早く重炭酸イオンになる
  4. 血液のCO2分圧は組織のCO2分圧より高い

解説

生理学の教科書、P59~61にある呼吸のガス交換の話ですね。

1.動脈血中にCO2は40〜50ml/dl溶解している

45〜55ml/dlは静脈血中のCO2溶解量です。

2.遊離CO2として物理的に溶解している量は約10%のみ

大部分は酸素と同様に化学的に溶解しています。
全体の80%は重炭酸イオンとして存在しています。

3.正しいです

 

4.血液のCO2分圧は組織のCO2分圧よりも低い

選択肢は逆でしたね。
組織中の方がCO2分圧低かったら、血液がCO2を拡散させることになっちゃいますからね、逆ですよね。