きーたんの治療家ブログ

2016年に営業の仕事を辞めて、鍼灸専門学校に通いつつ、2017年秋にリラクゼーションサロンを始めました。

0126 生理学 四択練習問題 問題5

      2018/02/08

神経筋接合部について誤っているのはどれか

  1. 伝達物質はアセチルコリンである
  2. クラーレにより伝達が遮断される
  3. 興奮性シナプスの典型例である
  4. 重症筋無力症はアセチルコリン不足で発症する

 

 

正解は「4」

重症筋無力症の要因は、アセチルコリンの減少ではなく、アセチルコリン受容体の減少です。

運動神経ニューロンの神経終末部にシナプス小胞があり、その中にアセチルコリンが含まれています。

クラーレはもともと毒で、神経伝達を遮断する作用を持っています。

興奮性シナプス抑制性シナプスがあります。
興奮性シナプスでは、脱分極によって興奮性が上昇します。
これに対して、抑制性シナプスにはシナプス前抑制シナプス後抑制の2つがあります。
シナプス前抑制は神経伝達物質の放出を減少させ、シナプス後抑制は過分極により興奮性が低下します。

 

 

0126 生理学 四択練習問題一覧へ